福井SRB「スーパーラグビーブラザーズ」ラグビークエスト育成会1
福井SRB「スーパーラグビーブラザーズ」ラグビークエスト育成会2
福井SRB「スーパーラグビーブラザーズ」ラグビークエスト育成会3

子供を最も賢く、
そして強く成長させるスポーツ「ラグビー」

ラグビーは少年をいち早く大人にし、大人にいつまでも少年の心を抱かせる

福井SRB「スーパーラグビーブラザーズ」ラグビークエスト育成会

ラグビーに関わっている者ならば一度は聞いた事があるとても有名な名言です。

ラグビーは子供に責任や役割、自立、規律を教えてくれます。何故ならラグビーは15人ものプレイヤー、相手を合わせると計30人ものプレイヤーが同時にグラウンドでプレーするのです。スポーツの中でもっとも多い人数がグラウンドに立つ事になるんです。そこでは一人一人が己の責任を持ち、規律を守り、己の役割を果たさないといけません。それらを己で判断する為にも自立もしていないといけません。その為に少年はグラウンドで逞しい大人にならないといけないのです。

自己犠牲の精神

自己犠牲の精神

One for all All for one
「1人は皆の為に、皆は1人の為に」

これはラグビーの根底にある精神です。ラグビーは痛いスポーツで怪我をする事もあります。大きい相手にタックルする事は勇気が必要です。逃げてしまいたい。そんな気持ちに襲われる事もあります。1人だったら逃げたかもしれない。でも残りの14人の為に勇気を振り絞り体を張る。誰かの勇気を無駄にしない為に皆が体を張り続ける。そんな自己犠牲の精神でラグビーという競技は出来ています。

ノーサイドの精神

ノーサイドの精神

ラグビーは試合終了時をノーサイドと言います。ノーサイド精神はラグビー独特のラグビー文化です。試合終了のホイッスルと共に両者のサイドはなくなり、敵味方もなくなるという意味です。昨日の敵は今日の友と同じ意味合いです。しかし海外でもアフターマッチファンクションと言って試合後に一緒に同じ風呂に入り、スタッフやレフリーも共に軽食や酒を酌み交わすという風習があります。体を激しくぶつけ合った同士、分かり合える事がとても多くあり、それは万国共通です。日本ではまだまだマイナースポーツですが、世界ではサッカー、オリンピック、そしてラグビーが世界三大スポーツと言われています。海外に留学しても、日本で外国人と話す際も、勿論国内でも数少ない貴重なラグビー仲間に出会い、お互いにラグビーをやっていると話せば最早言葉や文化の壁は一瞬にして取り払われてしまいます。ラグビーとはそういうスポーツです。

子供の体を賢く育てる

子供の体を賢く育てる

「感謝」

子供にラグビーのような危険なスポーツをやらせるのは躊躇してしまう方も多くいるかも知れません。しかし幼少期はタックルなどのコンタクトは余りありません。ボールを使ってラグビーの楽しさを覚える事に重点が置かれます。小学生になれば多少のコンタクト(接触プレー)が出てきますが、ヘッドキャップが義務付けられ、基礎技術も十分に教えられしっかりとした安全対策が取られています。又子供自身も危険なスポーツという認識が自己をより成長させ、心身共に強く逞しくなっていくのです。

ラグビーはどのスポーツに比べても規制が少なく自由度が高く、子供の人間の想像力をどこまでも高めてくれます。規制の多いスポーツをする事も制限があるからこその競技としての楽しみを知る貴重な経験ですが、人間は生きているだけで様々なしがらみや規制、縛りが付いて回り、大人になればそれはどんどん強いものとなってきます。ラグビーとは自由に生きられる場所作りにもなります。そしてそれは生涯の居場所となる事が少なくないのです。

お知らせ

もっと見る›

コンセプト

ラグビーは子供を成長させるばかりでなく、大人を子供に戻してくれるスポーツでもあります。皆が心の底から熱狂出来るのです。それは人間誰もが心の奥底に持っている闘争心を掻き立ててくれるからです。肉体と肉体が激しくぶつかり合い、自己犠牲の中での勇ましいプレーをする。ラグビーは当て字で「楽苦備」と書きます。楽と苦を備える。その割合は1対9。しかし苦が9もあるからこそ、最後の1が光り輝きます。ハードなスポーツであるからこそ人間の根源的な魂が刺激されます。
※現在は深化した当て字として楽美と書きます。尊重・感謝・貢献の先には感動(美しさ)があり本当の楽しさ(笑顔)が得られます。
魂と過去を満たしてくれます!

本来スポーツとは誰もが気軽に楽しめる事が普及の必須条件になります。
サッカーはボール1つで、野球はバットとボールで、そして激しい接触がないからこそいつでも誰でも気軽に楽しめます。引退した人も何年振りかでも重くなった体を引きずりながらプレーを楽しむ事が出来ます。初心者も上手か下手かは別にして、初めてでもプレー出来ます。しかしラグビーはそうはいきません。気軽に行うにはとても難しいスポーツなのです。
それは激しいコンタクトプレーがあり、肉体的損傷(打撲など)を抱えながら80分間走り続けなければならないという、正に格闘技と球技を合わせた過酷なスポーツだからです。それでも世界三大スポーツとなっているのはそれ程の魅力があるからなのです。そんなスポーツを知らないまま終わってしまうのは、正に悲劇と言っても過言ではないでしょう。

子供への奨めとして、自分自身のラグビー入門として、友人への紹介として、ラグビーへの扉(いざない)です。その鍵は誰でも必ず持っています!